グリーンエクササイズとは:科学が認めた最強ストレス解消法

「一番おすすめのストレス対策は?」

と聞かれたら、真っ先に答えているのが「グリーンエクササイズ」です。

今日はそんなグリーンエクササイズの凄さを紹介します。

グリーンエクササイズとは

クリーンエクササイズは自然の中で体を動かすストレス解消法。

例えば川のほとりを散歩したり、緑道をランニングしたりすることが該当します。

研究データもかなり豊富で、イギリスのエセックス大学の研究では、以下のデータが判明しています。

グリーン・エクササイズの効果
  • 開始5分からストレス低減が現れ始める
  • メンタルが弱ってる人ほど効果が大きかった
  • 小さな公園の木々程の緑でも効果があった(つまり都会でも問題ない)

近所の公園の木々を眺めるだけでも効果あるのは嬉しいですね。休日にフラッと散歩するだけでいいなら、気楽に試せそうです。

ちなみに緑の量が1%増えるごとにストレスが下がる量も増えるみたいなので、定期的に自然が多いスポットに出かけてみるのもいいのではないかと。

ポイント
  • グリーンエクササイズとは「自然の中で体を動かす」こと
  • 自然の量は微々たるものでも5分でストレス解消効果がある

グリーンエクササイズのやり方

タツロー

グリーンエクササイズのやり方に決まったルールはなく、自然の中で体を動かせれば何でもOK

例えば実験では以下が試されてます。

実験で用いられたエクササイズ例
  • 川遊び
  • 魚釣り
  • 木登り
  • 泥遊び
  • ボルダリング
  • 乗馬
  • ウォーキング
  • ベアフットランニング(裸足で運動)

僕はウォーキング(さんぽ)を中心にしてますが、たしかにガツンとストレスが低減してイイかんじです。

グリーンエクササイズに適した時間帯

タツロー

グリーンエクササイズは午前10時~正午ぐらいに行うのがおすすめです

午前10~正午にかけて日光を浴びると、体内にビタミンDとセロトニンが増え、メンタル改善や睡眠の質向上が期待できます。例えば休日の午前中に、軽く近所の公園を散歩してみるのもいいですね。

※ただし春~夏にかけては午前10時から正午は熱中症になりやすい時間帯です。無理はしないようにしましょう。

なぜ自然の中で運動するとストレス解消効果があるのか

我々人類は「自然を見たり、触れたりするとリラックスする」ことが、多くの研究でほぼ確実となっています。

たとえば、スタンフォード大学が行った実験では「大自然の写真や映像」を見ただけでも被験者のストレスが60%減り、時間がゆっくり流れるように感じたことがわかっています。

公園に出かけなくても、スマホやパソコンの待ち受けを大自然の写真にするだけでも、ストレスが下がるわけですね。

日本が生んだ最強のストレス解消法『森林浴』

タツロー

一番のおすすめは「大自然の中で数日過ごす」いわゆる森林浴

森林浴はとてつもないメリットが報告されています。

イースト・アングリア大学が過去103の研究と40のRCTをまとめたメタ分析によると、森林浴セラピーに見られた健康効果は以下の通り。

森林浴の効果
  • 睡眠の質向上
  • ストレス低下
  • 心疾患リスク低下
  • 心拍数低下
  • コレステロール低下
  • 糖尿病のリスク低下
  • 総死亡率低下
  • 女性の早産リスク低下

なぜ森林浴がここまで体に良いのか、研究チームの見解は以下の通りで、なるほどって感じです。

なぜ森林浴で健康になれるのか?の仮説
  • そもそも我々は自然に癒される性質がある
  • 汚染された空気が少ない
  • 樹木から出るフィトンチッドで免疫が強化される

急に自然が多い場所に引っ越すのは現実的ではないものの、定期的にキャンプなどアウトドアをしてみるのはいいかもしれませんねぇ。

まとめ

タツロー

まとめると、大自然の癒し効果はすごい!という結論です

僕らはこんなにも自然を愛していて、写真を見るだけで癒されるほど求めているのに、あまりに分断され過ぎている気がします。

たまには、都会の便利な暮らしを忘れて、自然の中で過ごす時間をつくったほうがいいのかもしれませんね。